読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球の肘の痛みの治し方、ストレッチやテーピングのやり方

野球の肘の痛みの原因や直し方ストレッチ、テーピングのやり方を紹介します。サポーター湿布でも治らない肘の内側が痛い時はどうすればいいのか?

野球肘の種類はどのようにして調べるのか

野球肘の症状

野球肘と一括りで言っても、その種類は複数あります。

 

例えば肘の内側に痛みを覚えた場合、内側上顆障害、回内筋付着部炎、尺側側副靭帯損傷などいわゆる内側型の障害の可能性があります。

 

後方型の障害であれば、肘頭疲労骨折もしくは後方インピンジメントが疑われます。最後に肘の外側に痛みが生じた場合は、離断性骨軟骨炎と診断されます。

 

野球肘は、ストレッチで肘関節の筋肉をほぐすことにより、痛みが軽減するものや、関節鏡を使って切開の少ない手術を行うものなど、治療法もそれぞれの症状に合わせて行います。

 

関節鏡では骨膜切除やドリリング法、骨切除といった複数の方法がありますので、詳細なデータが必要になってきます。

f:id:baseball-birthday:20151003220256j:plain

 

種々の検査法があるが、いくつかの検査は有料!

 

診断法は症状の問診から始まり、触診、徒手検査、画像診断といった様々なことを総合的に判断して診断します。

 

問診では、痛みについて患者が把握していることを聞き、圧して痛みの場所を確認し徒手検査をします。

 

徒手検査は肘をさまざまな方向へと動かし、肘の可動範囲と筋力を調べます。可動範囲とは患者自身がどれだけの範囲で肘を動かせることができるかという自動運動と、術者がそれを行う他動運動の診断法を用います。

 

筋力検査では、肘や手首の可動範囲に力を加え、痛みがあるかないかを調べます。他にも外反テストやチネル徴候の確認を行います。

 

最後にレントゲンや超音波検査で肘の状態を調べます。しかし、レントゲンでは骨の状態しかわからず、外側型の場合、軟骨まで検査することができません。

その場合は大病院にしか置かれていないMRIでの検査が必要になります。MRIの難点は費用と時間がかかることです。

 

野球肘は放置することで悪化し、後に後遺症を残すほど厄介な障害です。自然と治るものではありませんし、また自己流で治そうとすると悪化することもあります。

 

肘に痛みが生じるようになりましたら、上記のように肘の状態を詳細に診断し、最適な治療法を見つけることが大事です。

10代のピッチャーで多く見られる野球肘の症状とリハビリ法!

野球肘の症状 野球肘の治療法

野球肘とは骨や軟骨などの形成が未完成である十代に多く発症する障害です。

 

部位によって外側型と内側型に分かれ、前者の障害は離断性骨軟骨炎と言います。発症率は投球数が多い投手に多いようです。

f:id:baseball-birthday:20151002101240j:plain

 

特に外側型は上腕骨小頭が軟骨と共にはがれ後に関節の動く範囲が狭まるという後遺症がのこりやすい野球肘です。年齢に合わない投球の仕方をすれば、障害を抱えやすくなります。

 

そのため小学生の投球には、変化球への制限がかけられています。少年(中学生)、学童高学年(小学生)では7回まで、最終イニングを投げ切った場合に限り9回まで投げることが出来ることになっています。

 

中学生以上の場合ですが、カーブを投げる時、ボールの回転をかけるために前腕をひねりながら投げる投手もいます。この方法は本来ならば正しい投げ方とは言わないのです。

 

それをまだ骨や軟骨が出来上がっていない10代の選手が繰り返し行うことで、肘に必要以上の負荷がかかってしまい、障害を招いてしまうのです。

 

他にも下半身がしっかりしていないために、上半身の動きに余計な負荷がかかる場合もあります。これらは年齢を重ねて骨などの成長を待つか、走り込みなどによる下半身を鍛えることにより、障害の発症を抑制できます。

 

症状が悪化する前に専門家に見せるのがベストだが。。

 

もし痛みが出るようならばまず医師に診断してもらいましょう。内側の痛みで来院しても、レントゲンやMRI等で詳細に調べてみると肘の外側に原因があったという例もあります。

 

あと、筋肉や腱の状態はレントゲンでは詳しい状態は分からなく、MRIで見ないと分かりません、逆にレントゲンで分かるくらいでしたら症状はずいぶん進んでいると考えられますし、私自身の経験からですが、ある程度症状が進んだら休ませているだけでは痛みは無くなりますが、治ったわけではありません。

 

治療するためには長期間のリハビリを要し、なおかつその期間は投球禁止となります。

野球を愛する方にとっては、長く辛い期間と言えます。しかし状態が悪ければ、種目変更を余儀なくされたり、利き手を変更しなければならない時もあります。

 

野球自体、諦めなければならないこともあります。そのようなことにならないために、リハビリはしっかりと行うようにしましょう。

 

この障害を予防するためには、運動後に行うアイシングやストレッチが重要です。それでも肘に痛みが出た場合は、早期に専門医のもと治療を開始しなければなりません。

 

また放置をすれば、肘の曲げ伸ばしが困難な後遺症を患うことになりますので、痛みを我慢せずしっかりと病院で診てもらいましょう。

野球肘を手術した時のリハビリはどんなになるのか?

野球肘の治療法 野球肘のリハビリ

野球肘が悪化し、手術を受ける程になるのはさまざまな原因があります。

 

術後はリハビリに数ヶ月を要し、完全復帰にはさらに時間がかかります。その間、リハビリに専念し復帰をめざすべきなのですが、同時に可能なトレーニングも取り入れていきましょう。

野球肘が悪化するということは、投球フォームが崩れている可能性があります。例えばボールをリリースするときの肘の位置が低い場合は、肘関節に多大な負荷がかかります。

f:id:baseball-birthday:20151001114752j:plain

 

ボールは投げられなくてもリハビリで出来る事。

 

変化球をよく投げる方や、速い球を投げる方は投球フォームの見直しが必須です。

 

また充分にストレッチをし、肘関節の可動範囲を広げましょう。他にも投球フォームの見直しにあたっては、フォームだけに注目するのではなく、体重移動にも目を向けてみましょう。

 

 

野球の基本動作は、下半身を鍛えることにより向上します。投球では体重移動をスムーズにすることで、肘さがりを防ぐことができます

 

それは再度肘の障害を発症させないために必要なトレーニングです。

 

下半身を鍛えるためには走り込みが有効です。その場合、両手に重りを持って走ると良いでしょう。重りは肘関節周辺の筋肉に働きかけます。また走る時は小さく腕を振るようにすることもコツです。

 

手術後は実際にボールを投げられませんから、イメージトレーニングや正しい投球フォームの研究を行いましょう。

f:id:baseball-birthday:20151001114934j:plain

 

近年ではインターネット上に参考になる投球フォームが多数アップされています。またリハビリ方法や有効なトレーニング方法もあり、目で見てイメージができます。プロの方のフォームを視聴できるものもあります。

 

肘そのものに対しては、医師の提示する復帰までの期間を考慮して理学療法士と共に計画を立て実践すると良いでしょう。

 

完全な復帰までに行いたいのは、投球に必要な握力や、肘関節周辺の筋力、そして全身の筋力を向上させることです。復帰までの期間は数ヶ月かかります。

 

はやる気持ちはあるでしょうが、将来に後遺症が残らないように現時点でしっかりと治すことが大事です。

野球肘は痛みの部位によって治療法が違う

野球肘の治療法

野球肘とひとくくりにしても、障害の度合いや種類により治療方法はそれぞれ違います。

中には投球を休止し、ストレッチを行うことで筋を伸ばし回復の兆しを見せることもあります。テーピングなどで固定し、肘を休ませることも、治療方法の一つです。

 

しかし無理を重ねて障害の度合いが重くなり、手術をもってでしか治療できないこともあります。

 

f:id:baseball-birthday:20151001113015j:plain

 

野球肘は外側、内側、後方という3つの型があります。

 

小学生の内に発症が多いのが、外側型で、正式名称は離断性骨軟骨炎と呼ばれるものです。これは肘の曲げ伸ばしに部分の軟骨が痛んだために起こります。治癒が早期であれば治りますが、悪化してしまうと将来障害が残ってしまいます。

 

早期に原因を見つけるためには、超音波診断が有効です。超音波検診により外側型であるかそうでないかがわかります。

 

手術を行うかどうかの判断はMRIによって行います。

 

また野球肘の大部分はこの外側型になります。対して内側型と後方型は、フォームの異常やストレッチ不足などから発症します。ただし内側型の場合で靭帯がきれたものは、靭帯の手術が必要です。

 

さて外側型の治療法には大まかに分けて3種類あります

 

一つは昔ながらの方法で、骨切り法と言って、痛んだ部分への負荷を減らすため、骨を切って関節をずらす方法です。切開部分が大きく、復帰には一年近いリハビリが必要になります。

 

もう一つは痛んだ骨や軟骨部分を摘出し、骨髄から細胞や成分を関節部分に注入し、再生修復を行うドリリング法です。年齢の低い程有効で、速い方で2から4か月程度で復帰が見込めます。

 

最後に身体の他の部分から代替の骨や軟骨を移植する骨軟骨移植法です。こちらは、ドリリング法で修復が見込めない方や、痛んだ面積が広い方が受けるようです。ドリリング法と骨軟骨移植法はどちらも関節鏡により切開の大きさは数ミリです。

 

いずれの方法も復帰は数か月後となります。悪化させないためには、普段のストレッチやフォームの崩れを見直すこと、基礎体力を向上させるなど基本をしっかりと守ることです。

野球肘にも色々な種類があります

野球肘の痛みの原因 野球肘の症状

f:id:baseball-birthday:20150930101040j:plain

野球をやっていて、痛めやすいのが肩と肘とされております。どちらも「野球肩」「野球肘」と独自の名前が付くほどに、怪我とは密接な関係があるのです。

 

肩に関しては、大抵が球を投げる機会の多い投手がなりやすいとされているのですが、次に肘の負担のかかるキャッチャー、どのポジションでも万遍なくなる可能性があります。そもそも野球肘とは一体どんな症状なのでしょうか。

 

野球肘と一言で表しても、その中身は大きく分けて三つに分類されます。「内側型」「外側型」そして「後方型」です。名前が表している通り、それぞれ肘の痛める箇所によって違うのですが、簡単に説明すると次のような特徴があります。


内側型は、成長期に骨の問題で起こりやすい事が多く、また成人以降になる場合は、靱帯損傷が関係してくることがあります。

 

外側型は、幼少期になりやすく、後遺障害を残しやすくなってしまうので、早期発見と治療が必要です。

 

後方型においても少年期の骨の問題からなりやすいのですが、成人期以降では尺骨神経麻痺が併発することもあるのです。

 

症状は?

 

では具体的にはどういった症状なのでしょうか。今回は内側型を見ていきたいと思います。肘の内側にある靱帯が、投球動作を繰り返すことにより部分断裂を起こし、靱帯が緩んだ状態になります。

 

肘の内側の出っ張りの部分から少し下のいたみが生じます。かつて読売ジャイアンツで活躍していた桑田真澄投手はこれが原因で手術をしております。


成長期では、靱帯の損傷により、内上顆と呼ばれる骨の出っ張りがある成長軟骨に障害が起きます。早期発見をし安静を守ることが大切であり、通常は3週間から2カ月程度は投球を禁止されます。ある程度早い段階で治療しなければ、投手から別のポジションへ変更せざるを得なくなってしまいます。

 

とりわけ少年野球において、野球肘はその後の野球人生に大きく影響を及ぼすことがあります。野球連盟も、小学生の時期は変化球を禁止したり、試合数や球数に制限を設けるなど工夫をしております。


ただ一番大切なのはプレーする本人の意識です。野球肘の予防、そしてなった後の早期改善ができるように、正しい知識を身に付けることが何より重要なのです。

 

野球肘の発生から回復、復帰までのプロセス

野球肘の症状 野球肘の治療法

 

野球肘の原因のほとんどは、許容を超えた負荷を肘に与えたために起こった障害です。この症状は、骨などが柔らかく未完成な十代に多く発症します。

 

野球のピッチャーについで捕手に多く、悪化させると手術を行わなければならない状態となります。

 

最悪の場合は、肘が伸びないなどの後遺症が残ってしまい、野球自体をあきらめなければなりません。

実は私個人も、初めは肘の炎症ぐらいに考えており、休むと練習に支障が出るとの恐れから、治療が遅れ、肘が180度伸びなくなってしまいました。。。。こうなると手術しか選択肢がありません。

その上、手術の中で一番簡単とされる関節鏡の手術でも全身麻酔、100%以前のように治るかは、やってみないと分からないそうです。。。。!!

 

症状を悪化させないためには、早期の専門医による診断と治療が絶対で、多少の痛みなら我慢するといった自己判断は禁物です。

f:id:baseball-birthday:20150930093635j:plain

回復のプロセスは?

痛めた野球肘は、治癒するまでの間、保護期と回復期、復帰期があります。肘の状態に沿った治療を施すことによって、徐々に投球ができるようになります。

 

その間、投球は肘の痛みがなくなるまで休止し、まずはリハビリに専念しましょう。

 

リハビリは、肘の状況や医師の診療方針にもより違います。

 

一例として、肘の内側を強くしなやかにしていくことから始めます。

まず肘の状態が安静時のみに痛む、いわゆる保護期にある時はアイシングなどで肘を冷やしつつ、肘の柔軟性を取り戻すためにストレッチをします。

 

次に筋の硬くなった部分を直接押します

この硬い部位は、投球の連続により筋肉の一部が破壊され、元通りに治癒しなかった状態です。

 

そしてストレッチにより肘の曲がり具合を徐々に改善し、肘の内側を鍛えていきます。

 

そして安静時に肘の痛みがなくなってくると、いよいよ回復期に入ります。

 

この期間では筋力の回復を目指し、肘の動く領域を広げていくトレーニングを施していきます。投球に痛みが出なくなる時期になると、復帰期といます。

 

肘を痛める原因の一つに投球フォームの崩れがありますので、その改善をしながら、少しずつ通常のように投げていくようになります。

 

当然、個人だけでは同じように障害を発症してしまう恐れがありますので、医師や理学療法士のアドバイスのもと、進めていくようにしましょう。また、リハビリ中は肘の関節を使わない走り込みなどをすると良いでしょう。

小学生、中学生をどの様にして野球肘から守る方法は!

野球肘の痛みの原因 野球肘のリハビリ

f:id:baseball-birthday:20150930093044j:plain

野球肘は骨の形成が未発達な小学校高学年をピークに発症します。

投球という動作は、思った以上に肘関節に多大な負荷をかけており、程度によっては骨や軟骨がすり減ったりはがれたりします。

 

野球肘にならないためには、ウォーミングアップやストレッチだけでなく、下半身の強化を行ったり、全力で投球できる肘を作りこむところから始めます。防止策をいくら講じても、肝心の身体が出来上がっていなければ、肘を痛めることになります。

 

投球による負荷に耐えられない肘で投げ続ければ、症状は悪化し手術によって治療を施さなければなりません。

 

後遺症が残ることもあるので、痛みが出始めたらすぐに専門医の診断を仰ぐようにしましょう。治療中は基本的に投球を休止し、治療に専念します。

しかし治療の過程で難しいのは、治療そのものよりも心理的な問題です。選手ならば当然試合に肘の痛みを圧してでも試合に出ようと思うでしょう。選手枠を争っている最中でしたら、なおさら投球を休止するわけにはいかないと思うかもしれません。

 

ですから監督者は、選手の状態を常に把握し、個々に合わせたトレーニングを考えなければならない義務が生じます。

 

投球の目安としては、小学生で一日に50球以内、一週間では200球未満が望ましいとされています。中学生では一日に70球、350球未満が一週間での投球数です。

ちなみに(財)全日本軟式野球連盟の規則では小学生、中学生は1日7イニング以内(3年生以下は5イニング)、タイブレークの直前のイニングを投げた投手に限り最大9イニングまで投げることが出来ます。

 

指導者の目が野球肘を防ぐ!

 

 しかしこれらの球数は目安であり、投手の状態を良く見極めることが重要です。

 

野球肘の防止には、常日頃から筋肉を冷やす行為つまりアイシングを怠らないことです。筋肉を冷やすと血管が収縮し、炎症拡大の防止に有効です。また冷やすことにより、痛みが軽減されます。

 

アイシングの目安としては20分ぐらいで、冷たいと感じてからその感覚がなくなるまで続けましょう。

 

また肘の負荷を避けるために、投球フォームの見直しもしくは改善を図ります。理学療法士や医師の指導を受けながらも良いでしょうが、肘、肩に負担がかからないフォームがありますので、参考にしてください。

 

 

野球選手はプロのトレーナーの指示のもと投球フォームを常に改良しています。肘の使い方の参考になるのではないでしょうか。