読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球の肘の痛みの治し方、ストレッチやテーピングのやり方

野球の肘の痛みの原因や直し方ストレッチ、テーピングのやり方を紹介します。サポーター湿布でも治らない肘の内側が痛い時はどうすればいいのか?

私の肘、今思えば。。

野球肘の少年へ!

最後の肘のMRI, から1年以上立ちました、手術以外のにはリハビリ等も勧められましたが完治出来ない以上、通っても時間とお金ばかりかかりるので断念しました。

ブログ読んでくださっている方も、1.まず休む→ 2.整体、マッサージする→

3.近くの整形外科にいく(多分レントゲンのみ)→4.専門医を探して訪ねる

こんな感じだと思いますがいかがでしょうか?

 

私の過去の経験から行くと、1。まず休む(腫れていたら冷やす、それからは温める)これまでは、良いと思います。実際私も初期は良くなっていましたら。。。でも、そのままスポーツをやり続けるつもりなら、自覚症状が出てきたときには既に随分悪くなっている事が多いので注意が必要だと思います。

ほとんどの人が、2→3 と行くと思いますが今考えると、遠回りしてしまいました!筋肉とかはレントゲンでは見えないので、レントゲンを見て解決する肘の痛みは一部分だと思います。

私も、レントゲンのみで診断した、お医者さまは、数人まったく違った見解でしたし。。。多分それだけで判断すること自体が無理なのだと思います。仮に近くのお医者様に見てもらって症状が良くならない場合はすぐに見切りをつけて精密検査をしてもらえる肘の専門医にみて検査をして頂いた方が良いと思います。

 

。。。。しかしMRIとか種々の検査をすると結構お高いんですよね。。(笑)

私が15年ほど前にアメリカで保険なしでやったときは受付の女性にSpecial Price っていわれまましたが1000ドル以上しました。どちらにしろアメリカは保険があっても後精算でしたので払わなければならないのですが。。。。

日本では2~3万円だったと思います。私は都内の自由が丘病院でMRIをとり、診断は専門医に見ていただいたのですが。

ネットをみると、色々な方がアドバイス載せられていますが、多分自分の治療がはまった患者さん達を載せておられるのだと思います。ですから、その辺り患者側から見て医師との相性というか、自分の症状とお医者様の得意は自分で判断しなければならないと思います。

それと、医師に症状を説明するときにもお金と時間を掛けても直したいということを強くアピールしないとそれ相応の処置をされる可能性もあるかも。。。。お医者様もそんなにお金を掛け精密検査漬けにして患者に負担を掛けてしまうのも、って気遣いもあるのかもですし、別に日常生活にもあまり支障が無く、ましてや命の危険があるものじゃないですから。

みなさん、肘の痛みは直したいけれど、なるべく近くの病院で。。費用もお安く。。なんで考えている人が多いと思いますが、真剣に直したいなら遠くても探して肘の専門医に診て貰った方が絶対に良いです。

私の場合も、随分遠回りをしてしまいましたが、この15年くらいの進歩はすさまじく、

その頃は、東京都内でさえ本当に分かっている方は居たんでしょうかね。。。?もし私がトップアスリートだったらあの頃でも、応対ちがって居たんでしょうかね。。。?(笑)