読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球の肘の痛みの治し方、ストレッチやテーピングのやり方

野球の肘の痛みの原因や直し方ストレッチ、テーピングのやり方を紹介します。サポーター湿布でも治らない肘の内側が痛い時はどうすればいいのか?

キャッチャーが野球肘になった場合の注意点

野球の試合中に、一番ボールを投げているのはピッチャーですが、実はキャッチャーも同じくらい投げています。

ピッチャーが投球すれば、打球が飛んだ場合を除いて、必ず返球しています。
また、盗塁の際には、2塁や3塁への送球もあります。そのため、想像以上に、肩や肘に負担がかかっているのです。

f:id:baseball-birthday:20151016103532j:plain

では、もし野球肘になってしまったら、どのような対処をすれば良いのでしょうか。

まずは、スポーツの出来たら野球肘の専門の整形外科を探して受けるようにしてください。普通の整形外科では対応できない場合もあります。


骨や筋肉の状態をしっかり診てもらうことが先決です。

異常が見られなければ安心ですが、それでも肘の使い方には気をつける必要があります。

 

チームの監督、コーチは?

チームに複数のキャッチャーがいる場合は問題ないのですが、学童、少年、高校野球までは本当に信頼できる選手はおそらく1人でしょう。

チームとしてできることは、2人目のキャッチャーを育てるということです。そうすれば、ある程度、負担は軽減されます。

 

また、.野球肘になってしまう選手は、投げ方に問題がある場合が多いです。
上半身だけで投げようとすると、どうしても負担がかかります。


これはピッチャーや野手にも言えることなのですが、下半身を上手く使って投げることが怪我をしないコツなのです。


いわゆる手投げになってしまうと、故障のリスクが高くなります。

キャッチャーは試合中、相手チームの盗塁の際に、2塁や3塁に送球することが何度もあります。
ピッチャーに返球する以上に手投げになるので、より負担がかかるものです、手投げではなく、下半身を使って、さらにスナップをうまく利用して投げることが大事になります。この投げ方さえできれば、結果的に怪我をしにくくなり、また盗塁阻止率も上がるでしょう。

 

なんとしても盗塁を阻止したいと思っても、手投げでは早い送球ができませんので、ランナーをアウトにすることが難しくなります。


ですから、練習の時は、多く投げて怪我をする要因を作ってしまうよりも、送球するまでのスピードをいかにして上げるかを訓練した方が良いでしょう!

 

実際、いくら肩が強くても、盗塁阻止率の低い選手もいます。逆に、肩が弱いにも関わらず、阻止率が高い選手もいるのです。

.野球肘になってしまった場合も、また、野球肘にならないようにするためにも、投球フォームの改善が必要と言えるでしょう。

 

野球をされているお医者様とのネットワークも出来上がっている地区もあるようです。

高校野球などでは少しづつ出来上がっているようですが、学童や少年もこのようなネットワークが出来上がって欲しいですね!

野球障害ケア新潟ネットワーク