読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球の肘の痛みの治し方、ストレッチやテーピングのやり方

野球の肘の痛みの原因や直し方ストレッチ、テーピングのやり方を紹介します。サポーター湿布でも治らない肘の内側が痛い時はどうすればいいのか?

どんな専門医に野球肘を見てもらえばよいのか? その1

野球肘の治療法

肘に違和感があったり、痛みがあった場合は専門医に診断をしてい貰うのが一番良い方法なのですが、普通の整形外科なのか、専門医なのか一目見ただけではわかりません。

 

町の整形外科でも診断はしてもらえるのですが、私も経験ありますが、ちょっと不安なところがあるんですね。。。お医者様には申し訳ないのですが。。。。

 

でも、スポーツ専門医ではないので仕方がないのですが。。。

 

以前にも、幾つかの病院を紹介しましたが、最近、野球関係で話題になったスポーツ専門の病院を取り上げてみました

 

江戸川病院スポーツ整形!!ここの先生方はプロ野球球団のチームドクターを務められている方もおり、野球だけではなくスポーツ団体を回って子供のスポーツ障害の防止の活動もされているようです。

野球の場合、肘を悪くする多くはピッチャー、特に投げる機会が多いエース級の子供たちですので、本人も親も悪い診断結果ですとチームに迷惑をかけてしまうという気持ちが働き、肘を悪化させてしまうということもあるそうです。

 

もし、肘に違和感があり、行くのを迷っていたら一度相談するのも良いのではないでしょうか?

軽症でしたら、試合が少なく、肘、肩を休めさせられて、チームの負担にならない今の季節に治療するのが一番です、近くの方は相談に行ってみてはいかがですか?

 

sports-seikeigeka.com